飲食店に導入するのがオススメな呼び出しチャイムについて

SITEMAP
飲食店に導入するのがオススメな呼び出しチャイムについて

テイクアウト店の待ち時間解決に呼び出しチャイムを導入しよう

注文を取る

テイクアウト店としてオープンしたり、飲食店から業態転換を考えているというオーナーの方、店舗での待ち時間問題の解決にコールシステムを導入してみてはいかがでしょうか。フードコートで使用される呼び出しチャイムを導入することで、テイクアウト店をお客さんを待たせることがありません。店舗面積が小さく、スペースを確保できないという問題が解決できるだけでなく、混雑防止にも活用できます。呼び出しチャイムでも、100mほど電波を受信できるものもあり、少し離れた場所で買い物をするというようなことも可能になります。スーパーやショッピングモールだけでなく、駅施設内のテナントでテイクアウト対応する際、呼び出しチャイムは効果を発揮する上、お客さんも時間を有効活用することができます。さらに、注文したお客さん本人にだけ通知がされるため、店頭で大声をあげてお客さんを探した挙句、間違えて手渡してしまうようなこともありません。呼び出しチャイムは、受信機を手渡すだけ、オーダーのものが出来上がったら送信機の操作をするだけの簡単なものとなっており、調理作業で忙しい厨房からでも対応することができます。また、コールシステム自体は、店舗導入に工事を必要としないことから短期間で導入することもでき、速やかにテイクアウト店舗の業務効率化を図ることができます。

飲食店で色々役立つ「呼び出しチャイム」のおすすめの使い方

常にお客様が出入りする飲食店においては、サービス向上のためのコールシステムが大変役立っているようです。お客様を待たせたり、呼び出しに気付かない状況が頻発すると、お店の評判をさげてしまいます。そんな事態を未然に防げる方法として呼び出しチャイムがあり、飲食店では色々な使い方で活用されています。今回はファミリーレストランなどの活用事例を参考に、おすすめの使い方をご紹介します。
ホールスタッフが少ない場合や広い飲食店などは、来客を知らせる呼び出しチャイムの設置がおすすめです。多くの店舗では出入り口付近に会計カウンターがあり、そこに呼び出しチャイムを設置していることが多いようです。会計カウンターに設置すれば、お会計時の呼び出しにも併用できます。飲食店の規模によっては、来店したお客様の目につく場所に、設置する方法もあるでしょう。お客様を待たせずに、素早い店内誘導が可能となります。
飲食店では、さらに呼び出しが必要になるシーンがあります。お客様がオーダーを決めた際や、お水のお替りなどでスタッフを呼び出したい場面です。手を上げたり、スタッフを呼ぶ必要があると、お客様に負担が掛かります。万一気が付かないと、不満に感じるお客様もいます。このような事態を防げるのが、各テーブルに呼び出しチャイムを設置する方法です。サービス面でも満足できるお店を目指すなら、呼び出しチャイムの設置がおすすめです。

呼び出しチャイムがもたらすメリット

呼び出しチャイムは、私たちの身近に溢れているアイテムです。
自宅のインターホンだけでなく、飲食店のテーブルや事務所の受付など、様々な所に置かれています。

呼び出しチャイムのメリットは、時間の削減や仕事の効率化に繋がる点です。
例えば、事務所の受付には誰かが待機しなくてはなりませんが、コールシステムを設置することで受付の人員を削減し、その分他の作業に充てることが可能となります。
さらに、音量の調節や通信が可能であれば、遠くにいても呼び出すことができるのです。
また、飲食店でも呼び出しチャイムを設置することで、効率的な動きにつながります。
チャイムを押したテーブル番号を記録できるシステムがあれば、テーブルへ伺い忘れるというミスが減ります。
それだけでなく、この記録されたテーブル番号を店員間で共有できるため、手の空いた店員が応対することも容易になるでしょう。

企業側のメリットだけでなく、呼び出しチャイムはお客様側の心理的負担を減らすこともできます。
お客様の中には、声を出して店員を呼び止めるのをためらわれる方や声の出せない方もいらっしゃいます。
そのような方にとって、呼び出しチャイムは店員さんを呼び止めやすくなるアイテムとなるのです。

そこで呼び出しチャイムの購入を検討したいなら『ビーコール』を一度ご覧ください。このサイトには様々な種類や色の呼び出しチャイムを取り扱っているため、欲しい呼び出しチャイムがきっと見つかるでしょう。

オススメ記事

更新情報